10 posts categorized "写真集"

2013/03/30

藤田 満「在所」

ひさびさに写真集買いました。
一言でいうならストイックな写真集です。

錆びたトタンや古い町並みなど一見ノスタルジーを装っているのですが
全く別物で、写真を構成する要素からそのような感情はまったくないと感じる。
まるで図鑑のよう。

絶妙なバランスの構図と微細なディティールで写し出された写真は
決して万人うけする写真ではないが、そのブレのない一貫した
視点が好きな人にはおすすめです。

なにより11×14でこの作品枚数を撮っているのが、すごいパワーだなと率直に思った。

Zaisyo_8


Zaisyo_1

Zaisyo_31

Zaisyo_2

Zaisyo_14

Zaisyo_13

下記はプレイスMでのコメントを引用しました。
********************
この度は第23回「写真の会賞」を写真集「在所」に授与下さり、有難うござ います。日頃写真展をみて歩き、若い多くの写真家の気鋭な仕事にぶつかる度に、時世の変わっていく勢いを感じてきました。そう思うと、い まなぜ自分の写真が受賞なのかと戸惑い、さらに気恥ずかしさが加わります。
 「在所」は田舎をめぐる一人旅のなかから生じました。 はじめは明快な意図もなく淡々と写し歩くうちに止められなくなり、次第に埒の内と外に分けられて、このような形になりました。
 〈在所〉という言葉が日常の会話などに使われなくなり、その意味も曖昧になりつつありますが、在所は生きています。地方・地方のどこに でも風土に根ざした生活の、嘘ではない風景をじっと湛えています。
 とは言え、写真は風景をありのままに写す筈はなく、片目のレンズの瞳孔を細めて見せるパンフォーカスの風景は、本当ように見えて本当で はない。その嘘っぽいところが少し気に入って続けています。
 このような私的な作業が「写真の会」の会員方の目にとまり、支持を頂きましたこと、とりわけ「写真の会」であるからして嬉しさを感じて おります。

  文末ですが、この美しい本を作って下さった株式会社冬青社の高橋国博氏と スタッフの皆様に改めて御礼申し上げます。
 藤田満

2013/01/12

三好耕三「YUBUNE 湯船」@P.G.I

P.G.Iでやってた三好さんの展示が
けっこうつぼだと思ったけどすでに終了・・・
残念






三好耕三 作品展「YUBUNE 湯船」

 

2012年11月6日(火)ー 12月22日(土)

 

三好耕三は1970年代に写真家としてのキャリアをスタートしました。近年は大型カメラを使った作品を多数発表しており、日本国内を旅して撮影した「Somewhere, Sometime 津々浦々」(2007年)や、1998年から撮影している桜のシリーズなどが記憶に新しいところです。
また2010年にはmatch and company, inc.のレーベルM Lightより写真集「ORIGIN」が出版されました。初期作品である「EXPOSURE」「See Saw」から編まれたこの写真集は若い世代からの反響も大きく、今も変わらない「カメラを持って旅をし被写体と出会っては写真に撮る」という、光景とカメラに真摯に対峙する三好耕三の撮影スタイルの原点を改めて認識することとなりました。

「YUBUNE 湯船」は2010年より撮り始めた新作です。2009年に発表した「SAKURA 桜覧」から使い始めた16X20インチの大型カメラを持ち全国の湯船を訪ねたものです。暗室で水に親しむ写真家が水を「湯水のように使う」という表現があるように「津々浦々で容易く浴することができたのであろうか」という思いから旅立ち、撮影に全国を巡りました。

温泉は、千年以上の昔から日々の湯浴みや湯治などに使われてきました。木で作られた湯船、自然の石や岩をそのまま使っているもの、ロマネスク様式で美しく並ぶ湯船など、一口に湯船と言ってもそれぞれの温泉の性質などによって様々な形状をしています。地面より低いところにしつらえられた湯船はいつでも豊富に湯をたたえるための工夫です。
「温泉は自然科学的にして、崇拝の対象」そこでは「老若男女が笑みをたたえ、まさしく裸の付き合いという晴れの姿で集っていた。」
人間の智慧の美しさを凝縮したような湯のあふれる光景を、三好耕三は、人や湯船との出会いを重ね、静かに見つめカメラをセットし撮る、という常のスタイルで写真にしています。

本展ではモノクロ作品、20余点を展示致します。

 

 

三好耕三(みよし こうぞう)
1947年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。1986年日本写真協会新人賞受賞。
1991年より文化庁芸術家在外研修員として、アリゾナ大学センター・フォー・クリエイティヴ・フォトグラフィーで1年間研修後、引き続きアリゾナ州に滞在。1996年に帰国。現在、東京を拠点に制作活動を続けている。

近年の主な個展に「櫻」1839當代画廊(台北2011年)「SEE SAW」フォト・ギャラリー・インターナショナル<以下P.G.I.>(東京2010年)「SAKURA 櫻覧」P.G.I.(2009年)、「津々浦々」P.G.I.(2007年)、「Tokyo Drive 東京巡景」P.G.I.(2006年)、「Seagirt海廻り」P.G.I.(2004年)、 「SAKURA 櫻」P.G.I.(2003年)、「CAMERA 写真機」P.G.I.(2002年)、「Tokyo Street 横丁」P.G.I.(1999年)、「In The Road」P.G.I.(1997年)がある。2012年Amherst College Mead Art Museum展覧会「Reinventing Tokyo: Japan’s Largest City in the Artistic Imagination」展に参加。
作品は東京国立近代美術館や東京都写真美術館、ジョージ・イーストマン・ハウス国際写真美術館(U.S.A.)、アリゾナ大学センター・フォー・クリエイティブ・フォトグラフィー(U.S.A.)、ヒューストン美術館(U.S.A.)などにコレクションされている。

2012/02/12

北井一夫『三里塚』

今日、フレームを買いに行って
お店の人と話して、偶然出会った写真集。
というか今まで見てないのもどうかなと思うけど、、苦笑

成田空港建設反対闘争を繰り広げる農民たちの生活を撮影した写真集なんだけど
この説明だけ聞いちゃうと、うーんという感じ。。
ここに写っている被写体にそんな重いイメージは、ほとんど感じなかった。
報道が伝えるイメージもコントロールされて伝えられているということを
忘れてはいけないよね。
すごいギャップ
でも、この写真集に写っていることが、真実なんだろうなとも感じた。

あらためて北井さんの他の写真集を見ようと思いました。
見てない人はおすすめです!

15130


北井一夫 Kazuo Kitai
 
1944年中国鞍山生まれ。1965年日本大学芸術学部写真学科中退、同年写真集『抵抗』(未来社)を出版。 成田空港建設に反対する農民を撮った『三里塚』(のら社)で日本写真協会新人賞受賞(1972年)。 『アサヒカメラ』に連載した「村へ」で第1回木村伊兵衛賞受賞(1976年)。写真集に『境川の人々』(浦安町・1978年)、 『新世界物語』(現代書館・1981年)、『フナバシストーリー』(六興出版・1989年)、『1970年代 NIPPON』(冬青社・2001年)、 『1990年代 北京』(冬青社・2004年)など。

 

2010/11/28

「大阪」百々 俊二@銀座ニコンサロン

行ってきました。

なんか、久々にこういうストレートな写真を見たな
という感じでした。
しかも8×10で撮り歩くって体力も時間もお金もかかる。
ただ、見る人にとっては、撮り手の苦労とかは関係ないものですが。。

とくに構えることなく、写真を見て写ってる場所に
行ってみたいな、とか考えを巡らせながら見れる
写真展でした。
JR大阪駅北の「北ヤード」、鶴橋行ってみたいなー


写真での記録、本質的だと思う。

会期もうすぐ終了ですが、お時間ある方はぜひ
写真集も出ているのでぜひ!

11-24_gin 
51AOEMBY+fL__SS400_ 
大阪
11/24 () 12/7 ()
10301830(最終日は1500まで)

会期中無休

写真展内容

 

作者は、そろそろ自分が半世紀を生きた大阪をちゃんと撮らなければと思いながらも、方法が見つからずにいた。そこで、ここまでデジタル化が進んでしまったからには、長年こだわり楽しんできたモノクロプリントで、8×10のカメラを据えて大阪の町としっかり向き合ってみようと考えた。そして、自分の記憶がある場所から撮っていこうと決めた。つまり、作者の記憶の大阪である。

記憶といっても、もちろん写真では「今」を撮ることしかできない。「こういう場所もあったなぁ」と思い出しながら、場所の磁力に呼び寄せられるように歩いた。

最初に訪ねたのは作者が生まれた場所であったが、1947年当時の四軒長屋がまだあった。驚くと同時に、小学生のころの記憶がだ~ッと甦ってきた。そして、背中を押されるように撮影に入り込むことができた。

忘れていた記憶=無意識を呼び覚まし、大阪を<見る>という行為を軸として、あらためて大阪を<知る>ことを始めた。モノクロ70点。


作者のプロフィール
 

百々 俊二(ドド シュンジ)

1947年大阪生まれ。九州産業大学芸術学部写真学科卒業。70年東京写真専門学校教員。72年大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校・大阪)教員。98年同校学校長に就任。96年「楽土紀伊半島」で日本写真協会年度賞受賞。99年「千年楽土」で第24回伊奈信男賞受賞。2007年日本写真芸術学会芸術賞受賞。

著書:『地平』110(197177)、『新世界むかしも今も』長征社(1986)、『HORIZON』共著(1993)、『楽土紀伊半島』ブレーンセンター(1995)、『千年楽土』同(1999)、『沙羅双樹』組画(2003)、『花母』Gallery OUT of PLACE(2006)、『菜園+桜』VACUUM PRESS(2009)、『大阪』青幻舎(2010)

主な個展:78年「大阪・天王寺」、85年「新世界むかしも今も」、92年「衆生遊楽バンコク」(以上、銀座ニコンサロン・大阪ニコンサロン)9596年「楽土紀伊半島」(新宿・大阪・札幌コニカプラザ)99年「千年楽土」(銀座ニコンサロン・大阪ニコンサロン)2000年「千年楽土紀伊半島」(奈良写真美術館)01年「.com NEWYORK」(新宿ニコンサロン)03年「沙羅双樹」(ビジュアルアーツギャラリー)06年「花母」(Gallery. OUT of PLACE)07年「花母」「ベジタブル・キッチン」(gallery bauhaus東京)、「Ha-Ha(Focale Galerie ロカルノ、スイス )など。

 



2010/10/31

『写真よさよなら』 森山大道

復刻版購入しました。

パワーショベル社より発刊されましたが、
オリジナルは1972年に出たものとして未だに
高値で取引されている写真集です。

森山さんや中平さんの写真は「アレ・ブレ・ボケ」と
表現されるように、「ん?」と手が止まってしまうものも多く
ただ、感覚的には受け入れているという感じになります。
理解するより感覚が先に立つというか。。

なにが写っているのかを考える作業から始まり
なぜ、この写真がセレクトされていて、どういう意図で
まとめられているのかとか
ただ、ここに明確な答えはないのだけど。。
ここのところってどうなんだろう?
聞いてみたいところだけど。。
A290_I1 
A290_I3  A290_I2

当時、中平さんや高梨さんを含めPROVOKEとして
写真に対し向き合い活動し世の中に訴えてきたことは
写真史のなかで果たした役割として、
とても大きいのではないかと思ってます。
そんな本気さを感じさせてくれる写真集です。

品切れのとこ多いのだけどここで↓はまだ売ってそう
http://www.superheadz.com/headzshop/bookcd/book/sayonara_moriyama.html

特設サイト
http://www.superheadz.com/books/sayounara/

  • ペーパーバック: 276ページ
  • 出版社: パワーショベル (2006/03)
  • 言語 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 4434075241
  • ISBN-13: 978-4434075247
  • 発売日: 2006/03
  • 商品の寸法: 29.4 x 22.8 x 2.2 cm
    ¥6,825 (税込)

  •  

    2010/09/12

    中平卓馬 『来たるべき言葉のために』

    学生時代に欲しかったけど
    絶版でなおかつプレミア価格になってしまっていたため
    買えなかった写真集。
    最近、復刊してくれたので買える値段になりました。

    中平さんの写真は、言葉と写真で自分に
    けっこう刺さる感じなので買えて良かったです。
    それにしても「来たるべき言葉のために」っていう
    本のタイトルも今の写真集にはない強さを感じます。
    時代せいなのかな

    Flc
     


    -----------------------------
    【本書の概要】
    1970年に刊行された『来たるべき言葉のために』は、1960年代後半から70年代にかけて、従来の映像美学を覆すラディカルな作品によって日本の現代写真に大きな転換をもたらした写真家、中平卓馬の初の写真集として、写真史にその名を残しています。けれども、刊行から40年を経て同書の入手は困難となり、掲載作品のごく一部が繰り返し紹介されるという残念な状況がこれまで続いてきました。これら一連の写真は、1973年のエッセイ「なぜ、植物図鑑か」において作家自らが批判し、乗り越えるべき対象とした作品群ですが、作者がそれを否定した意味を再考するためにも当の作品が提示されることは充分に意義深いことのはずです。現在も写真家として日々活動を継続している中平卓馬の初期写真集をとらえなおし、いまなおアクチュアルな作品として再発見することを企図して、本書をここに再刊いたします。

    【付記】
    本書は、1970年11月に風土社より刊行された中平卓馬『写真集 来たるべき言葉のために』を巻末の文章を除いて再刊したものです。再刊付録の英文小冊子には、「中平卓馬の軌跡--『来たるべき言葉のために』再刊にあたって」(八角聡仁)、および中平卓馬著作から三篇(「写真は言語を挑発したか?」「風景の叛乱 見続ける涯に火が…」「都市への視線あるいは都市からの視線」)の英訳を掲載。訳出した中平著作の原文はいずれも小社刊行の『見続ける涯に火が… 批評集成1965-1977』(2007年刊)に収録されています。

    【著者プロフィル】
    中平卓馬(なかひら・たくま) 
    1938年生まれ。東京外国語大学スペイン科卒業後、総合雑誌『現代の眼』編集者を経て、60年代半ばから写真を撮りはじめ、同時期よりさまざまな雑誌に写真や映画に関する執筆を開始する。68~70年には多木浩二、高梨豊、岡田隆彦、森山大道とともに「思想のための挑発的資料」と銘打った写真同人誌『プロヴォーク』を刊行し、従来の美学や常識を否定した「ブレ・ボケ」を特徴とする作品が同時代の写真界に大きな衝撃を与えた。70年に写真集『来たるべき言葉のために』を上梓した後、73年には映像論集『なぜ、植物図鑑か』で、それまでの自作を批判的に検証。77年に篠山紀信との共著『決闘写真論』を刊行直後、病に倒れて生死の境をさまよい、記憶の大半を失うが、以後も写真家としての活動を継続し、写真集『新たなる凝視』(83年)、『アデュー・ア・エックス』(89年)、『hysteric six NAKAHIRA Takuma』(02年)などを出版。
    2003年には横浜美術館で初期から2003年にいたる800点におよぶ作品群による「中平卓馬展 原点復帰-横浜」を開催し、その図録を兼ねた写真集『原点復帰-横浜』刊行。ホンマタカシ、小原真史による中平を題材にしたドキュメンタリー・フィルムが制作されるなど、その活動は改めて大きな注目を集めている。2004年、2007年にはShugoArts(東京)で新作による個展開催、また内外のグループ展にも参加、現在も精力的に撮影行為を続けている。


    上記引用
    http://www.osiris.co.jp/flc.html

    2010/04/17

    「Davos」 Joel Tettamanti

    Tettamantiの写真集がやっと届きました。

    1ヶ月くらいかかったので
    Amazonの箱見たときに
    頼んだかな?
    というくらい忘れていました(笑)

    最近Gurskyの写真が
    うーん、という方向に向かっていたので
    Tettamantiのストレートな写真は
    素直に伝わってきました。

    http://www.tettamanti.ch/

    オールライト工房 高田さん
    パピエラボ 江藤さん
    教えていただいてありがとうございます!

    519RHYdFyHL__SS500_ 

    Tettamanti_greenland-2008 

     Tumblr_ky9qgykcbY1qane1mo1_500


    2010/02/11

    安村崇写真集 『日常らしさ』

    安村さんの写真集『日常らしさ』を買いました。

    安村さんの写真は不思議な印象を受けます。
    日常のものを撮っているのですが
    日常らしさを印象として受けないのです。
    つくりもの的?な印象。。
    不自然さを感じさせます。

    自然を装うことでの不自然さのおもしろさなのかな。

    51P9J591JPL__SS400_ 

    Img_n002  Img_0002 

    Img_n007  Img_0005



    発行:2005年9月30日

    総頁数:92頁(写真点数=カラー36点、テキスト=16頁)
    体裁:タテ243×ヨコ240mm、ハードカバー
    定価:3,780円(税込)
    ISBN:4-9901239-3-X
    ブックデザイン:池田進吾(67)

    テキスト(和英併記)
    マーティン・ヤッキ「静かな表面のスキャンダル」
    八角聡仁「モノノケの世界への友愛」
    倉石信乃「実家、あるいは表象のステージ」



    安村崇(やすむら・たかし)略歴

    1972 滋賀県生まれ
    1995 日本大学芸術学部写真学科卒業
    1999 第8回写真新世紀 1999年度グランプリ受賞
    2005 パルコミュージアムにて「安村崇写真展」開催
    2006 PHotoEspana(スペイン、マドリッド)に出品
    2007 個展「Domestic Scandals」(Yossi Milo Gallery、NY)

     

     

    2010/01/24

    「Afternoon」田村彰英

    買いました。

    69年から89年にかけて撮影された、23点のモノクローム。
    時代を感じさせない写真なので、古さとか感じませんでした。

    バランスよく整理された構図を見ていると
    デザインに近い印象を受ける一冊です。

    ------------------------------------------------------------------------------
    田村彰英
    M/Light label No.1 / 700部限定、エディションナンバー付
    「Afternoon」
    マッチアンドカンパニー
    2009年/全32頁/写真23点
    縦249mm×横261mm
    糸縢り製本

    IMG_2787

    2010/01/11

    「IN HOKKAIDO」 Michael Kenna

    久しぶりに写真集買いました。
    Amazonにもブックファーストにもないから
    だいぶ探したなぁ。。

    この写真集のほかにも「HOKKAIDO」や「JAPAN」という
    写真集も出ていて見たいのですが
    書店では在庫がないようです。。
    Amazonでは、10万円とかで売買されてます。
    「Japan」見てみたいなぁ…

    と考えていたら、国立国会図書館のことを思い出して蔵書検索してみたら・・・

    閲覧できるようです。
    NDLさすがですね!

    「IN HOKKAIDO」はRAMという出版社が、版元のようなのですが
    最初にも書きましたがAmazonやBook Firstなどに流通しておらず、
    一部の書店でしか取り扱いないようです。
    ぼくは青山ブックセンター(六本木店)で買いました。

    IMG_2777 
    「IN HOKKAIDO」 Michael Kenna

    追加情報(20100204)
    現在、札幌宮の森美術館で展示が行われているようです!
    北海道遠いなぁ。。。
    写真集は美術館でも買えるようです。

    マイケルケンナ 写真展 風景に刻まれた記憶
    MICHAEL KENNA Landscapes and Memory
    会期 : 2010年1月15日(金)-5月30日(日)
    ・1期 : 2010年1月15日(金)-3月14日(日)
    ・2期 : 2010年3月17日(水)-5月30日(日)
    開館時間 : 11:00-19:00 
    休館日 : 火曜日(3月15日(月)一部展示替えのため休館。5月4日(火)は開館)