« ジヤンピン・へ フラッシュバック@ggg | メイン | 清水裕貴展「ホワイトサンズ」 »

2012/06/15

斉藤涼平展「This is a picture」

きてますね(笑)

第5回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展

斉藤涼平展「This is a picture」

2012年6月4日(月)~ 6月21日(木)

 

11:00a.m.-7:00p.m. 日曜休館 入場無料

個展で作品を見るということは?
斉藤涼平は、一見なぐり書きにもみえるボールペン画に言葉を添えた作品で、第5回グラフィック「1_WALL」のグランプリを獲得しました。不条理な笑いを含んだ作品と、トイレットペーパーのように紙をくるくると動かして見せるユニークな展示方法は、「これはアートなのか?」という問いを投げかけ、審査員から「娯楽性とケレン味の周到なバランスが小気味よい」「今まで見たことがない見せ方で、ベストアンサーだと思った」と評価されました。
斉藤は、思いつくままに絵を描いてきましたが、描きためた絵の見せ方は入念に考えていきます。第5回グラフィック「1_WALL」展では、アートに興味がない人でも楽しめる、とにかく見た人が笑ってしまうような絵と、その絵を見てもらうための展示を考えたといいます。
初個展となる今回のグランプリ受賞者個展では、一転、ギャラリーへ個展を見に行くという行為そのものに着目し、画集やWEBではできない、空間に足を運んだ人だけが体感できる見せ方に挑もうとしています。二次元作品を、ギャラリーという三次元空間でどのように展開していくのか。ぜひ、会場で確かめてみてください。
また、これまで描きためてきたボールペン画のポートフォリオと、新作の油絵も展示紹介いたします。あわせてお楽しみください。



展示によせて
そもそも個展は作ったものを見せたらいいだけなのですが、僕はそういう意味で展示をしたいとは思わないたちで、自分の描くものはA4サイズのノートで事足ります。せっかくの銀座a.k.a.新橋に多少なりとも「そこに足を運ぶ意味」がある空間を作りたいと思います。


審査員より
斉藤作品の魅力は、疑り深さにあるように思います。しかしそれは、他者に向けた懐疑や冷笑ではありません。絵にたいする疑い、笑いにたいする疑い、芸術にたいする疑い、コミュニケーションにたいする疑い、そして自分にたいする疑い。そういった根本的な疑いをもって、切実に制作に臨んでいるからこそ、不思議な吸引力をもっているのでしょう。
その疑心暗鬼と不器用な誠実さを抱えて、なにをつくっていくのか、注目したいと思います。

菊地敦己(アートディレクター)

斉藤涼平 Ryohei SAITO
神奈川県横浜市
1983年生まれ 
A型
http://saitoryohei.com

受賞
2012 wonder seeds 2012入選
2011 第5回グラフィック「1_WALL」グランプリ
2011 第28回ザ・チョイス年度賞入賞
2010 第175回ザ・チョイス入選(会田誠氏選)

グループ展
2011 第5回グラフィック「1_WALL」展
2011 第28回ザ・チョイス大賞展

第5回グラフィック「1_WALL」展
2011年8月22日~9月15日開催
公開最終審査会 2011年9月2日(金)
以下の審査員により、斉藤涼平さんがグランプリに選出されました。
[審査員]
大塚いちお(イラストレーター・アートディレクター)
菊地敦己(アートディレクター)
佐野研二郎(アートディレクター)
高井薫(アートディレクター)
室賀清徳(『アイデア』編集長)
※五十音順、敬称略

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。