255 posts categorized "Hot"

2017/01/09

青木コレクション展 蘇峰と藤作@那珂川町馬頭広重美術館

那須の帰りに時間ができたので那珂川町にある広重美術館に寄ってみた。
道中冬の田園風景の中、民家の屋根がなぜかシルバーの家が多いことや
異様にアンテナが高いことなど土地柄?を感じられて楽しめた。

美術館は隈研吾氏の設計で周囲の中で、際立ってはいたものの違和感がないことが良かった。
ただ、中身に関しては展示スペースがそこまで広くはないため、すぐ見終わってしまう。
製作者のエッセンスというか垣間見るくらいの量。

もっと見たいなー

不満というよりは残念

_DSC3779のコピー

2016/11/30

藍色カップ@G8

駆け足でしか見れなかったけど、それぞれの思いが伝わる
展示でした

CREATION Project とは

 

多くの方々にアートやデザインの楽しさを感じてもらおうと、1990年からはじまった毎年恒例のチャリティー企画展。2つのギャラリーと交流のあるクリエイターの方々にボランティアで制作していただいた作品を展示・販売し、収益金をチャリティーとして寄付してきました。2009年より、「CREATION Project」と題し、デザインの力による豊かな生活の提案を目指しています。2011年の東日本大震災以降は、被災した地域の産業を応援したいと、東北での物づくりにこだわり、2011年「印染トートバッグ」(岩手・宮城・福島・茨城で製作)、2012年「アロハシャツ」(福島)、2013年「石巻バッグ」(宮城)、2014年「東北和綴じ自由帳」(岩手・宮城・福島)、2015年「伊達ニッティング」(福島)を開催。5年間で合計約1,134万円を被災地の子どもたちを支援するために寄付させていただきました。

2011 年開催 印染トートバッグ展
2012 年開催 アロハシャツ展
2013 年開催 石巻バッグ展
2014 年開催 東北和綴じ自由帳展
2015 年開催 伊達ニッティング展


PROJECT MAP

熊本県は豊かな天然資源に恵まれており、県西にある天草地方では陶磁器の原料である天草陶石が採掘されます。その歴史は長く17 世紀頃から磁器に使用されはじめ、純度が高く濁りがないことを特徴とする高品質な陶石として、広く使用されてきました。

本展では、その熊本県産の天草陶石を使用して有田・波佐見の窯元とつくった、約 170 種類の多様なデザインのカップを展示・販売します。販売収益金は 2016 年 4 月に発生した熊本地震の復興支援のために寄付をします。

カップは、被災地の一日も早い復興を願い、第一線で活躍するクリエイターから新進気鋭のアーティストまで総勢約 170 人がボランティアでデザイン。長い歴史の中で培われた伝統技術を受け継ぐ有田・波佐見の窯元が、ひとつひとつ手作業でカップを製作しました。その職人の思いを守りながら、今回橋渡しをしたのは、半世紀に渡り有田に根付く焼き物の産地商社キハラ。それぞれが持つクリエイティブな力をつなぎ、熊本の未来を応援します。

真っ白な磁器に藍色が映えるカップを購入することで、誰でも、デザインを日常に取り入れ、伝統技術に触れながら、そこに込められた思いとともに、チャリティーに参加することができるプロジェクトです。

クリエイションギャラリーG8会場風景(撮影:長谷川健太)
ガーディアン・ガーデン会場風景(撮影:元田敬三)

産地商社
株式会社キハラ

この度はご縁をいただきCREATION Project 2016「藍色カップ」の製作を担当できましたことを大変光栄に存じております。

今回は熊本地震復興支援が企画テーマですが、有田・波佐見の窯元も長年熊本県天草の良質な陶石を使わせていただいております。

幸いにも今回の熊本地震では天草の被害はほとんどありませんでしたが、我々はこの地震を機にこれまで当たり前のこととして天草陶石を使ってきたことを思い返し採掘にかかわっていただいている関係者の皆様に改めて感謝をしなければいけません。

また「藍色」という有田の染付伝統技法を通し天草陶石と有田・波佐見焼とクリエイターの皆様を繋ぎ、その素晴らしさを全国に発信できましたことに対し心より厚く御礼申し上げます。

株式会社 キハラ
代表取締役 木原長正

クリエイター
クリエイションギャラリーG8
ひびのこづえ(コスチューム・アーティスト)

熊本/天草とのつながり

天草は、私にとって忘れられない場所なんです。シュノーケリングで海に潜って、「ここは竜宮城だ」と思った場所で。天草の牛深という海は、珊瑚が広がっていて、とにかくカラフルで色がすごく綺麗。沖縄や海外でも潜っているのですが、あの場所が竜宮城だと私は思っています。

熊本では、熊本市現代美術館で展覧会をしたことがあって、作品も収蔵していただいています。その時に美術館から見えていた熊本城がすごく好きで、私にとっても熊本のシンボルです。

デザインへ込めた思い

自分が熊本と関わった過去があって、その風景を思い出すデザイン、という部分が大きいです。はじめて九州を縦断した時に、車で阿蘇の大観峰へ行った時の風景も忘れられません。あの雄大さはなかなか……。何もないんです。何もないことが逆に広さを強調していて。そこに生えていた植物をなんとなく覚えていて、実際にどんな植物が生えていたのだろう、と調べてみました。今回、モチーフにしたのは「ヒゴタイ」という植物です。カップにした時に、藍色の植物でうめつくしたいな、という気持ちと、この植物のプロフィールを見ると、大地でしっかりと踏ん張っているイメージがあったので、すごくいいかなと思って、描いてみようと思いました。

デザインの力

CREATION Projectの取り組みは、今年だけのことではなく20年以上続けていることにとても意義があると思うんですね。何かが起きたからやるのではなくて、継続して寄付をし続けているのですものね。

人間はどんな災害に見舞われても、そこからまた這い上がるためのパワーが必要で、それは暮らしを継続するということでしかないんですよね。災害が起きたから特別なことをするよりも、淡々と暮らしていた去年と同じ状況に戻すということが大事で。壊れてしまったものをまたつくる時に、デザインの力はすごく大切だと思います。みんなが愛着を持てない形とかものは、壊れても悲しいと思わないで通り過ぎてしまうけれど、美しいデザインは人の心をおだやかにさせるじゃないですか。熊本城もそうですよね。

でもなんだろう。一番すごいのはやっぱり自然だとも思います。だから、阿蘇の大地に根付く植物を描きたいなと思いました。

 

クリエイター
ガーディアン・ガーデン
飯田竜太(彫刻家)

表現=支援

すごく、ありがたいなと思います。CREATION Projectという場があるのは。大きな災害が起こった時に支援したいっていう気持ちがあっても、個人だとすぐに行動が起こせない。行動の範疇もすごく限られている。とはいえ初めから何かをつくって行動するというのは、すごく体力と覚悟が必要で、なかなかその一歩が踏み出せない。東日本大震災で地震が起こった時、自分では被災地でワークショップをしたりするぐらいしかできなかった。

この藍色カップを通じて、何か少しでも役に立てればという思いが伝わればいいなと思います。

美術とデザインの違い

美術は、純粋に自分が定義した問題を解決するためのものだと思うけれど、デザインは誰かの手にとって、欲しくなるように、そして役に立つように、自分の美的感覚をそこに足して回答することだと思います。誰かが求めている何かを、どれだけ上回って作れるかがデザインには必要で、僕には出来ないすごいことだなと思っています。自ら問題意識を持ち、表現という手段で開示する美術とは違う要素と制限がある。学生のときからずっと彫刻を作ろうと思っていたけれど、デザインには憧れていたので、デザインする機会をもらえるのは、ありがたいと思っています。

カップのデザインは、自分の蔵書から好きな本を100冊選び、背表紙をひっくり返した本棚のデッサンです。自分の作品のシリーズで、本の中の文字を飲み物にたとえて飲んでもらえたらという思いで描きました。

誰でも参加できるプロジェクト

もうひとつ大事なことは、著名なデザイナーやアーティストがたくさん参加しているので、このプロジェクトを知らない人でも展覧会にも足を運びやすいし、作品を手にとりやすい。単に寄付をするのではなく、「もの」を持って帰ることができる、参加する(購入する)人達にはいいんじゃないかと思います。何も気付かず知らないあいだに、購入するという「こと」で支援につながることがあってもいいかなと思います。


MAKING

天草陶石とは

天草陶石は、熊本県の天草地方で採掘される、高品質な磁器の原料になる石です。 純度が高く濁りがないことが特徴。茶色く見えるのは鉄分で、砕くと真っ白な石の面が現れます。お話を伺った渕野陶磁器原料の渕野さんによると、陶石の採れる鉱脈はいくつかあり、それぞれ等級や石の性質にも違いがあって、そのためつくる磁器の用途に合わせて陶石をブレンドしているそうです。白いほど高価だとか。

1. 陶土づくり

陶土をつくっているのは、通称「土屋」さんと呼ばれる陶土屋さん。昔ながらの製法でつくり続け、 陶芸家さんからの注文も多いそうです。工場内は、石を砕く音、滑車が回る音が響いて隣の人の声が聞こえないほど。3~5cm に砕いた石を、11 時間ほどかけて杵と臼で粉末状にしてから、工場沿いを流れる塩田川から取水した水を加えて撹拌。水にとけている一番細かい粉を集めて沈殿させます。沈殿槽がいっぱいになるまで 2 週間から1ヶ月。そのあと、鉄分や不純物を取り除き、水を抜いて、円柱状の粘土(陶土)にします。

2. 生地づくり

陶土屋さんでできた粘土を、次は生地屋さんでカップのかたちに成形。外形の型に陶土を入れ、内形の型で上から圧をかけます。粘土が剥がれやすいように、型の温度は 100 度ぐらいになっているのでやけどしないように注意が必要。成形したあとは、ある程度の硬さになるまで丸 1 日自然乾燥します。最後にふちを研磨して整えたカップの生地は、次の工程の窯元さんのもとへ。軽トラックに積み込み、割れないようにゆっくりしたスピードで運ばれます。

3. 窯入れ

いよいよ、最初の窯入れです。まずはカップの生地を900 度で素焼きして、水分を飛ばします。この時のカップの焼き上がりの色は、ほのかにピンク色がかっています。カップのふちを研磨して、余分な土のかたまりや粉をはたき落としたあと、透明な釉薬をかけて、1,300 度で再び焼くと、真っ白なカップになります。

4. 絵付け

焼き上がった白いカップは、絵付けのためもう一つの窯元さんへ。デザインを印刷した転写紙を水に浸してカップに巻きつけ、ひとつひとつ手作業で、付いている水を抜くように貼り付けていきます。このあとは最後の窯入れ。1,190 度で焼くと、絵柄がカップに定着します。転写紙の黄色い部分の釉薬は焼くととけて透明に。焼き上がった後は、急な温度差で割れないように窯を7 時間くらいかけて冷ましてから窯上げします。こうして、様々な人の手を経て、藍色カップの出来上がり。


HISTORY

天草地方(熊本県)

 

天草陶石は、熊本県の天草地方で 17 世紀後半に発見されました。明治以降、高品質な焼物の原料として広まり今では陶磁器の主原料として広く使われています。

一番大きな陶石の鉱脈は皿山脈で、他に村山脈、海岸脈など、様々な鉱脈があります。昭和初期頃まで、陶石は海の近くにある採掘場から海路で運び、有明海に流れ込んでいる塩田川の港へ運んでいました。

塩田町(佐賀県)

陶土をつくる渕野陶磁器原料さんは、塩田町にあります。

工場の目の前には、川幅の広い塩田川がゆったりと流れています。塩田川は有明海につながり、江戸時代から 1970 年ごろまで、満潮時には川港の塩田津へ船が入港したそうです。

塩田津は、有田町と波佐見町に当時一番近い港だったため、天草地方から天草陶石が運びこまれ、海運での物流拠点として、ものだけでなく人も集まり発展しました。

塩田川の豊富な水量を利用して、水車を回して動力にしたり、陶石の粉末の沈殿に使用したり、また人手の確保ができたことも加わり、この地域で陶土業が発展。かつてはいくつもの陶土屋さんがあったそうです。

波佐見町(長崎県)

生地づくりをしている川島生地屋さんと、最初に窯入れをした窯元さんは波佐見町にあります。

川島生地屋さんは、山の中腹の田んぼに囲まれた場所にありました。川島さんのように、ご家族で生地屋さんを、営まれているところも多いそうです。 かつては、田んぼでお米を作りながら、農作業のない時期に生地づくりをする「半農半陶」と呼ば れる暮らしがありましたが、今ではそういった生地屋さんも少なくなったそうです。

有田町(佐賀県)

絵付けの窯元さんと、産地商社のキハラさんは有田町にあります。

豊臣秀吉が朝鮮出兵時に、朝鮮半島から陶工を日本に連れ帰りました。そのうちの一人、陶工の李参平が、1616 年に有田町の泉山で良質な陶石を発見し、はじめて磁器が焼かれたといわれています。泉山磁石場は、現在はほとんど採掘されておらず、国指定の史跡になっています。


引用先:http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition

 

2016/09/24

鈴木其一 江戸琳派の旗手@サントリー美術館

名前をみて、一瞬最近の現代アートの人なのかなと思ったけど
説明見たら江戸時代の方なんだ。

そうだよね、現代琳派ってないよな。
それにしてもこの藍色なんとも言えず良いね。


Main

Main_1


参照:
http://www.suntory.co.jp/sma/

2016/07/09

2016 ADC展@ggg

最近、ADC展に行けてないADC


ギンザ・グラフィック・ギャラリー第354回企画展
2016 ADC展

2016年07月04日(月)~08月06日(土)

Designed by Masahiro Kakinokihara.
Designed by Masahiro Kakinokihara.
ギンザ・グラフィック・ギャラリーの7月恒例企画<2016 ADC展>の季節となりました。
今年も、2015年5月から2016年4月までの1年間に発表されたポスター、新聞・雑誌広告、エディトリアルデザイン、パッケージ、CI・マーク&ロゴ、ディスプレイ、テレビコマーシャルなど多様なジャンルからの約8,000点の応募作品の中から、79名のADC会員によって厳正な審査が行なわれ、広告、グラフィック作品の最高峰ともいえるADC賞が選ばれました。ADC(正式名称:東京アートディレクターズクラブ)は、1952年の創立以来、日本の広告・デザインを牽引する活動を続けており、ADC賞は、その年の日本の広告・デザイン界の最も名誉あるものの一つとして注目を集めるものです。
本展は、この審査会で選出された受賞作品、優秀作品を、ggg[会員作品]、G8[一般作品]の2つの会場でご紹介いたします。

 

 

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)[会員作品]
2016年7月4日(月)-8月6日(土)
〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル tel. 03 3571 5206
11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

クリエイションギャラリーG8(G8)[一般作品]
2016年7月4日(月)-8月6日(土)
〒104-8001 中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F tel. 03 6835 2260
11:00a.m.-7:00p.m. 日・祝日休館 入場無料
http://rcc.recruit.co.jp/

ggg夏休み特別企画

2016年8月12日(金)〜 9月3日(土)
2016ADC(会員作品・一般作品)全受賞作品展

長野巡回

市立小諸高原美術館・白鳥映雪館(会員・一般作品)
2016年12月24日(土)-2017年2月12日(日)9:00a.m.-5:00p.m.
月曜(祝日の場合は開館)・祝日の翌日休館 
入場無料
〒384-0041長野県小諸市大字菱平2805-1 tel. 0267-26-2070

構成

東京アートディレクターズクラブ

お問い合わせ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 担当:早川 tel.03.3571.5206

2015/09/15

森本美絵 「去りながら」@キヤノンギャラリー S

まだちょっと先だけど気になる写真展

森本美絵 写真展:去りながら

Postcard

本展は、写真家、森本美絵氏による作品展です。森本氏は今回の写真展で、時間や感情などの制約のない世界の再構成を試みます。6×6cm判という撮影フォーマットにおいて、レンズを通して撮影することで、普段は見過ごしてしまいそうな事象について考えます。タイトルの「去りながら」は、一見過去を見ているようですが、私的なこと、社会的なこと、それらすべてから均等で客観的な距離を取ることを示しており、本展では、撮影したときの気分ではなく、写真を通してそれらと継続的に向き合うことで見えてくる世界を写しています。海や木々などの自然や、公園や車などの日常の様子を写した作品約40点を展示します。展示作品はすべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントします。

作家メッセージ

小さなグリッドの世界から
振り返れと声がする

おそるおそる見ればそこに
なにも変わらぬ世界が映る

見上げる水面は何処までも遠く
風のない時にだけ永遠を見る

ギャラリートーク開催のご案内

写真展会場にて森本美絵氏が作品について解説します。

  • 日時
    2015年10月14日(水)19時から
  • 会場
    キヤノン S タワー1階 キヤノンギャラリー S(住所:東京都港区港南2-16-6)
  • 入場料
    無料
  • 定員
    各回50名(申込先着順)
  • お申込み
    下記「お申込みフォームへ」ボタンよりお申込みいただけます。
  • ※座席の用意はありません。

プロフィール

森本美絵 mie morimoto

  • 1974年岡山県生まれ
  • 1997年東京造形大学卒業
  • 現在、東京を拠点に活動を行う

主な展覧会

「pH」MISAKO&ROSEN/2013、「FAMILY COMPLEX」gallery TRAX/2012、「夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち」SHISEIDO GALLERY/2008、「共鳴する美術 2008」倉敷市美術館/2008、など

2015/09/03

色部義昭「WALL」@ggg

 

書式、書体、色、形がバラバラな現在の街区表示板も多様で好きなんだけどな


印刷物などといった物性を伴うクリエイションであるグラフィックデザインは、人の脳内に記憶や印象あるいは気分など、非物質的なものを形成する仕事ととらえる色部義昭氏。VI(ヴィジュアル・アイデンティティ)、サイン計画、展覧会グラフィック、エディトリアル/ブックデザインなど幅広くデザインを展開することで、社会の中でいかにグラフィックデザインの力を活かすことができるかを常に考えて活動しています。

  本展「色部義昭: WALL」は、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会開催都市が東京に決まったことを受けて設置された「東京デザイン2020フォーラム」でのプレゼンテーションをもとに具現化に向け発展させた「TOKYO PROJECT」の発表の場となります。同プロジェクトは、書式、書体、色、形がバラバラな現在の街区表示板、これらをリデザインし統一することで、クリアに所在地を示すという機能を高めるだけではなく、人々の記憶の奥底に静かにインプットされるような、新しい東京の顔つきをつくろうとするものです。また、川村記念美術館や市原湖畔美術館のリニューアルなど印象深いサイン計画をはじめ、「竹尾ペーパーショウ」の展覧会デザインディレクションほか、平面、立体、空間を横断しつつ手がけてきた数多くのプロジェクトを紹介します。
  「壁紙のように連綿と広がる小さな連続性が生み出すデザインの力」を信じているという色部氏。過去のプロジェクトそして新たに提案するプロジェクトをWALL化することで、その力を示してみたいと思います。

Design by Yoshiaki Irobe

Design by Yoshiaki Irobe

 

 

 

色部義昭

グラフィックデザイナー。1974年千葉県生まれ。東京藝術大学大学院修士課程修了後、株式会社日本デザインセンターに入社。原デザイン研究所の勤務を経て、2011年より色部デザイン研究室を開設。主な仕事に市原湖畔美術館のVIとサイン計画、TAKEO PAPER SHOW 2011 「本」や中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックスのデザインディレクション、白鶴酒造のパッケージデザインなどグラフィックデザインの技術と編集的な視点を軸にして平面から立体、空間まで幅広くデザインを展開。銀座地区サイン実証実験やTOKYO PROJECTなどのプロジェクトに積極的に参画し、公共空間のインフォメーションデザインの機能と質を向上させることについて模索している。SDA、JAGDA、東京ADC、D&AD、One Show Designなど国内外のデザイン賞を受賞。

6 sense, リビングデザインセンター OZONE, 2007

6 sense, リビングデザインセンター OZONE, 2007

銀座地区公共サイン実証実験, 中央区役所都市整備部都市計画課, 2012

銀座地区公共サイン実証実験, 中央区役所都市整備部都市計画課, 2012

市原湖畔美術館 サイン計画, 市原市, 2013

市原湖畔美術館 サイン計画, 市原市, 2013

リキテックスアートプライズ 2013, バニーコルアート, 2013

リキテックスアートプライズ 2013, バニーコルアート, 2013

2015/06/18

Capture One

最初はなんだこのメニュー・機能は?と手探りだったけど
このアプリケーションけっこう使いやすい

Capture Oneでザクザク調整→Photoshopで細かい調整という流れは
慣れるとかなりスピーディ


Mainimage

2015/05/30

JAGDA新人賞展2015@G8

もうこの季節
はやいねー、一年

JAGDA新人賞展2015

白本由佳・田中良治・宮下良介

  • 会期:2015.5.26 火 - 6.27 土
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

1978年に発足した公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)は、現在、会員数約3,000名を誇る日本最大規模のデザイン団体として、年鑑『Graphic Design in Japan』の発行や展覧会・セミナーの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、デザインによるコミュニケーション環境の向上のために様々な活動をおこなっています。
また、毎年、『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に「JAGDA新人賞」を贈っています。この賞は1983年来、デザイナーの登竜門として、いまや第一線で活躍する98名のデザイナーを輩出し、デザイン・広告関係者の注目を集めています。
33回目となる今回は、新人賞対象者198名の中から厳正な選考の結果、白本由佳・田中良治・宮下良介の3名が選ばれました。
会場では、3名の受賞作品および近作を、ポスター・小型グラフィックを中心にご紹介いたします。

白本由佳 SHIRAMOTO Yuka
1. 雑貨ブランド「Maholo」の商品スカーフとギフトボックス(cl: マホロ)
2. 菓子のギフトセット「Puzzle Cookies」(cl: エフカ)
3. ジュエリー作家の展示会用タイプフェイス「Noriko Miyamoto」およびグラフィック「石の色相」(cl: 石と銀の装身具)

田中良治 TANAKA Ryoji
1. 個展「セミトランスペアレント・デザイン 退屈」の制作物・記録映像(org: ギンザ・グラフィック・ギャラリー)
2. 音楽CD「ATAK020 THE END」(cl: アタック・トーキョー)
3. アパレルブランドのウェブサイト「LOOK UP AT THE PLANET AND MAKE A WISH」(cl: イッセイ ミヤケ)

宮下良介 MIYASHITA Ryosuke
1. 自主制作フォントのポスター「Caps」(cl: 宮下良介)
2. 自主制作作品/Wordのみでデザインした白雪姫「Shirayuki-hime.docx」(cl: 宮下良介)
3. 紙商社のプロモーショングッズ/不要な紙見本を再利用したコースター「PAPER SAMPLE BOOK COASTER」(cl: 平和紙業)

白本由佳

1979年生まれ。静岡県出身。関西外国語大学英米語学科卒業。新村デザイン事務所、ドラフト、POSTALCOを経て2011年よりフリーランス。2014年東京ADC賞、2015年日本パッケージデザイン大賞銀賞〈食品部門〉受賞。

田中良治

1975年三重県生まれ。同志社大学工学部および岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒業。2003年にセミトランスペアレント・デザイン設立。ウェブサイトの企画・制作から国内外の美術館・ギャラリーでの作品展示までウェブを核とした領域にとらわれない活動を行っている。

宮下良介

1975年神奈川県生まれ。2002年東京芸術大学大学院デザイン専攻修了、同年電通入社。「ひとつぼ展」グランプリ、「リキテックス・ビエンナーレ」大賞、「JAGDAポスター展:JAPAN2001」金の卵賞、その他受賞少数。

展示内容
3名の受賞作品および近作を、ポスター・小型グラフィックを中心に紹介

授賞式    
2015年6月26日(金)東京にて実施予定(2015年度JAGDA通常総会会場)

巡回展
大阪(7月)、滋賀(9月)、福岡(10月)、新潟、愛知、その他各地を巡回予定

新人賞作品掲載誌 
6月発行予定のJAGDA年鑑『Graphic Design in Japan 2015』巻頭に掲載します。
本書は、日本の多種多様で質の高いグラフィックデザインの成果を国内外に紹介する書籍として、1981年創刊。毎年、JAGDA会員の作品を募集・選考し、過去1年間の優れた仕事を掲載しています。(発売:六耀社/予価:15,000円+税)

2015/05/17

fotologue #0101


うむ、みごと

IMG_20150426_113649


2015/05/04

fotologue #0100

こんな天気のいい日は新政の亜麻猫スパーク


IMG_20150407_210348